Powered by Six Apart

« サンフランシスコジャイアンツ優勝 | メイン | ハイキング »

2010年11月11日 (木)

ファーストフードのコーヒー

Photo_2

アメリカに来た当初、コーヒーは紅茶のような薄い色のアメリカンコーヒーが主流でした。ファーストフードやダイナーでは薄いコーヒーがお約束。ですが、近年この常識がくつがえされてきました。いえ、ダイナーではまだまだ薄コーヒーなんですが、ファーストフードのコーヒーが美味しくなったこと!バーガーキング、マクドナルド、ダンキンドーナツはこぞって安くて美味しいコーヒーの宣伝をしています。

最近バーガーキングでは、金曜日に訪れるとシアトルコーヒーの豆で作ったコーヒーを、バーガー類を買わなくても無料でくれます。お試し期間中だけみたいですが。

そして、マクドナルド。1ドルでスモールコーヒーが買えるのは通常なんですが、なんとどのサイズでも1ドルという看板が立ってました。ではラージに挑戦。

でかい....。でもたっぷりのコーヒーって朝には嬉しいです。

コメント

ぽ〜さん、お久しぶりです。元気でしたか?
おお〜、アメリカはマクドナルドのコーヒーが1ドルで買えるんですか。素晴らしい。
確かにファーストフードのコーヒーは安いし美味しくなりましたよね。スタバが激高です。

ほんとにお久しぶりです。元気してます。ゆうさんも元気ですか?
ファーストフード店のコーヒーは、スモールサイズなら$1.00なんですよ。そうなると、スタバのコーヒーは高く感じます。普通のコーヒーは作り置きをしてあるスタバが多いので、苦味が出て古いってすぐわかります。ですのでマクドナルドのコーヒーの方が回転が良くて美味しいんですよ。

コーヒーが美味しくなってよかったですねぇ!
そもそも、アメリカではなぜずっとコーヒーの味が
薄かったんでしょうか。
それを好む人が多いってことなんでしょうか。
どのサイズも1ドルってすごいですねぇheart01

bluerosegardenさん!すみません、今更ながらのお返事で。1ドルコーヒー、期間限定かと思いきや、今も続いている嬉しい企画です。そうですね、なぜ薄いコーヒーが主流だったんでしょうか。今でもダイナーに行くと、薄薄のコーヒーです。

コメントを投稿