Powered by Six Apart

« 辛鍋のもと | メイン | ターキーミートボール »

2011年3月16日 (水)

心は日本です

朝起きて、朝日新聞のインターネットニュースを見るのが日課となっています。1人でも多くの方が救助されていないか、1人でも多くの方が家族と再会されていないかと願って見ています。生まれ育った日本が大変な時に、外国に居ることに申し訳なさすら感じます。

出来る範囲で、サンフランシスコ日本国総領事館を通じて寄付させていただきます。これ位の事と、後は祈る事しか出来ませんが、遠くに住んでいても心は日本にあります。

小3の相沢寿仁(としひと)君が家族を探しているそうです。どうぞ家族と巡り合えますように。

コメント

ぽ〜さん、阪神淡路大震災をはるかに上回る
信じられないような災害が起こってしまいました。
毎日、繰り返し見るあまりにもむごい映像に
泣けて泣けてどうしようもありませんでした。
関東在住の親戚の無事は確認できていますが
日本人として耐えがたい痛手です。
ぽ〜さん、日本にいても
今、直接できることは限られているんです。
とにかく募金するしかないと思い
できる範囲で(微力ですが)協力しています。

海外で、いてもたってもいられないお気持ちで
いらっしゃることお察しします!
世界中の注目は今原発のことですよね。
これ以上ひどいことが起こらないよう祈るばかりです。

訂正ですsweat01
募金と書いてしまいましたが
私が募ったわけではないので「寄付」でした。

bluerosegardenさん、ほんとうに泣けます。ご親戚の無事が確認出来ていて良かったです。ほんとですね、日本に居ても出来ることは限られているのかもしれませんね。bluerosegardenさんのおっしゃる通り。
あ、募金と寄付ですが、”募金する”というのが寄付する意味に通常に使われているので、私も書く時に調べたんです、実は。
アメリカのメディアも毎日のようにニュースを流していて、募金活動もあちこちで見られます。皆が日本を応援してます。

今世界色んな所で募金活動、日本への祈りがされてるのできっと日本はこの危機を乗り越えられるはず!と気持ちを前向きに切り替えてます私。そして自分に出来る事をここAUSでやっていこうと思ってます。やっぱりまずはdonationですね。
相沢寿仁君の記事を見て子供達の心のケアが心配になりました。
うちの坊やは災害映像を見ても理解出来ない年齢でかえってよかったなと思います。
来月帰省できるかな。。。

ぽ~さん、ご無沙汰しております。
信じられない恐ろしい震災が起きてしまいましたね。
余震が続いている中、原発もまだまだ危険な状態だし。
燃料不足も深刻なので、尚更、被害に拍車がかかっているような感じです。
私も少しでも何か役に立つことがしたいと思いつつも、やっぱり祈ることしかできません。
被災地域にいても、出来ることは限られているのは悲しいです。
1日も早く、心から笑える日が来ることを一緒に祈りましょう。

ゆうさん、外国では募金箱があちこちに設けられていて、募金方法も紹介されていますね。来月予定通り帰省出来るといいですね。きっと皆楽しみにしてるはずだもんね。

soraさん、ご実家で心配な毎日を過ごされていることと思います。soraさんご自身も大変な思いをされたので、ゆっくりされてください。応援しています。

コメントを投稿