Powered by Six Apart

ショッピング Feed

2011年2月17日 (木)

合ってた

何年かお財布は同じものを使ってたんですが、今年新調しました。
と言うのも、COACHのアウトショップでものすごい掘り出し物を見つけたので、新調することになったのです。

ゴールドとシルバーの中間、シャンパンカラーのような色のお財布。定価から70%引きになっていて、さらにその日はセール価格からさらに20%引きという信じられない値段で、しかも残りはひとつ。気に入って、即買いました。$45位だったかな。これが昨年末のこと。

はっきりと思い出せないのですが、財布を買う前だったか後だったか、2011年のプランナーを買いました。これも色が気に入って。

財布は鞄の中、プランナーはコンピューターバッグの中に入れて持ち歩いていました。で、今月になって、会社から帰るのにこのプランナーと財布を下の写真のように整える機会があって、気付いたんです、初めて。これって、同じ色で、すごい合ってるんやん!と。

2ヶ月近くも持っていて、ずっと改めて気付かなかったとはなんだか可笑しくて。余程主張のない色なのか、私がぼーとしているのか、とにかく気付かなかったんです。これって、同じバッグに入れて持ち歩いていたら気付いていたはず。バッグが違う、出すタイミングが違うということで、私の気に留まりませんでした。

すごく小さなことなんですけど、毎日忙しく過ごしている中で、たまに流れ作業のように週を繰り返している中で、気付いたら楽しいだろうに、気付かないことがいろいろあるんじゃないのかなと思ったんです。たまにはゆっくりで行かないとなと、ふと思いました。同じ色だったことが気付かなかっただけのお話なんですけど、こうして重ねてみて初めて、”あー、なんか色が合って、しゃれてる。”と瞬間ハッとし、ちょっと嬉しく、しばらくしてからこんなことを思いました。

021611_2

2009年9月 1日 (火)

ヤクルトレディ

Yakult_450_2

週末にスーパーで、ヤクルトおばさんを見かけたんです!乳製品が陳列されているコーナーで、試飲ブースを出されてました。

誰もいなかったので、近づき、小さなカップに入ったヤクルトを試飲。そして、日本のヤクルトおばさんについて話してみました。

ヤクルトおばさん=Yakult Lady。(なんのこっちゃわかってなかったかも。)日本ではヤクルトは昔からある飲み物であること、ヤクルトレディが自転車で配達していること、オフィスにもヤクルトレディは来て販売していること、ジョアなどの飲み物もあることを説明すると、"No Kidding!" "Really!?"と感嘆の声をあげ、にこにこ聞き入ってました。私の世間話を聞いてもらったお礼に、ヤクルト買いました。(笑)5本で$2.99。日本じゃもっと安いんでしょうと聞かれましたが、どうだったっけ?

このヤクルト、メキシコで作られていて、ヤクルトUSAが輸入販売しているようです。お味は日本のと同じ。あ~、懐かしかった。そうそう、アメリカのヤクルトおばさんは紺のエプロンと、Yakultと赤字で刺繍された同じ紺のキャップをかぶって販売されてました。

2008年10月13日 (月)

携帯ケース-crocs

これをお店で見つけた時には、目が釘付けに。使い勝手は置いておいて、とにかく可愛い。
P1240299
















クロックスの携帯ケース!iphoneも入る大きさです。

実物は写真で見るのよりもう少し濃いピンクです。紐も付いていたので、首からぶらさげることも出来ます。(ってぶらさげませんが。)

注目の裏側はと言うと。

P1240298
















靴底のデザインになってます!クリップも付いてるので、音楽を聴きながらエクスサイズするのにも便利ですね。

ケースから携帯を取り出さなくても会話は出来ますが、取った方がやはり音がクリアです。

お値段は$14.99。ベビーピンク(本体部)とライムグリーン(バンドとクリップ部分)もあって迷ったのですが、汚れやすそうだったのでこちらの濃い色にしました。

(今、初のミートローフに挑戦してます。オーブンから美味しそうな匂いがしてますよ。明日のネタはこれです!)

2008年8月 7日 (木)

送料か、ガソリン代か。

Untitled ボビーブラウンのコンシーラーを買うことに決めてから2週間。近くのMacy'sにはボビーブラウンが入ってないので、高速を30分程運転して他のショッピングモールに行かないといけないんですね。ガソリン代が高いこのご時世。わざわざ行く時間もなかなかとれない。となるとオンラインショッピングです。

でも、送料が$6.00。一瞬考えて、ガソリン代、時間を考えたら$6.00払ってもいい!と注文しました。

日本だと会社帰りにちょっと寄り道っていうオプションがありますが、こちらの場合、どこへも車で行かないといけないので、”わざわざ”ってことになるんです。

オンラインショッピングは家から出ないで買い物が出来るという便利さがありますが、無愛想な店員に会って嫌な思いをしてショッピングをする、又はレジの列に並ぶというのを避けるために使う人もたくさん居るそうです。こちらのレジ、急がないんです、ほんとに。列に並んでる人のイライラ度は高まる一方なのに、他の店員さんとおしゃべりしながら仕事したりするので、手が遅い...。だからすぐに列が出来ます。そのお店がとても流行っている訳でなく、単なる遅いんです、レジのスピード。私、買うのあきらめて商品戻したこと何度もありますもん。